くらしの薬膳

『年越しそば縁起』-おそばへの願いと薬膳-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

さて、いよいよ歳末。

行く年くる年に欠かせない食べ物と云えば、日本ではやはり《おそば》でしょう。

 

縁起いろいろ

《年越しそば》は江戸中期ごろに定着した習慣で、一般的には

「蕎麦のように細く長く、家業や健康が続くように」

との願掛けがあるとされますが・・・これにも諸説あるようで。

【金細工師縁起】

金細工師は、散らかった金粉を集めるのに練ったそば粉を使ったそうです。

金粉のくっついたそばダネを水に入れると、そばは溶け、金だけが水に沈むので重宝したのだとか。

ここから「金を集める」という縁起で蕎麦を食べる、という説。

【切れやすいから】

蕎麦は切れやすいので「旧年の悪縁をスッパリ切る」という意味で。

【丈夫だから】

蕎麦は植物として丈夫で、少々の風雨でも翌日天気になれば、すぐ起き上がります。

そこから「七転び八起きを誓って」という説。

その他にも、昔お寺で、年を越せない人達に歳末助け合いでおそばを振る舞ったのが始まりとか、

お金持ちの家が、大晦日に蕎麦を食べるのを家訓にしていたので、それにならって・・・

とか、まぁ色々。

 

そばは「デトックス」の薬膳

もうひとつ、薬膳的に蕎麦には

「気分を穏やかにし、腸を和らげ、胃腸の痞(つか)えを治す」

効があると云われます。

身体の悪いモノをすっかり出して、気分おだやかに良い新年を迎えようという訳。

 

栄養学的にも、

蕎麦に含まれるルチンというポリフェノールは、毛細血管を強くして血行を促進し、血圧を下げる効果が確認されています。

肝臓を助けるコリンという物質も多く含むので、お酒のお供ともしても理想的。

 

その由来は色々ですが、

いずれにせよ、「より良い新年を願って」という想いは同じです。

今年の大晦日は、年越し蕎麦を食べながら、誓い新たにしていきましょう!

来年はきっと良い年です(o^-‘)b!!

 

※一つご注意。

蕎麦は「冷性」の食物ですから、冬場にざるそばはあまりお勧めできません。

できればあったかいお蕎麦で年越しを。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中