くらしの薬膳

『夏至は麺!』-冷やし中華の薬膳-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

「冬至は餃子、夏至は麺」

今日は夏至。 一年で一番昼が長い日です。

薬膳では、冬至に関しては「かぼちゃ」「ユズ」「七草」など・・・

色々とネタがあるのですが、夏至は今ひとつ「コレ!」という食材がありません。

ただ中国には

「冬至餃子夏至面(麺)」という言葉があるので・・・

今日は一つ、薬膳として《冷やし中華》をオススメしてみようかと。

 

冷やし中華は「トッピング」がポイント

冷やし中華は夏の定番カンタンメニューではありますが、なかなかどうして栄養面では侮れません。

夏バテにはエネルギー(炭水化物=麺)の効率的な補給が第1ですが、炭水化物は単体よりも、ビタミンB₁と一緒に摂取する事でエネルギー効率が高まります。

このビタミンB₁を多く含む食材の代表格が「ハム(豚肉の塩漬け)」。

「卵」は言わずもがなの栄養食材ですし、

キュウリやトマトの夏野菜は尿の排出を促進し、体内の熱をうまく外に逃がしてくれます。

タレも酢ベースであれば疲労回復、ゴマだれならば滋養強壮に・・・

と、【冷やし中華】はトッピング次第で、非常にバランスの良い夏バテ対抗メニューになります。

今日を境に少しづつ日は短くなっていきますが、湿気と暑さはこれからが本番です。

夏至を境に、食事は油っこいものを控えて、サッパリしながらも栄養価の高いモノを。

体調管理の難しい季節ですが、美味しく乗り切りましょう!!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中