くらしのツボ, むくみ, 冷え性, 慢性疲労、全身のこり, 代謝障害

『こころの台座』-れい(霊/令)を和ませるツボ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

この時期になると必ず話題になる“今年の漢字”。

やはり令和元年、2019年は《令(れい)》でしたね。

 

この《令》、漢字の由来を調べてみると「神のお告げを賜る」という意味だとか。

 

【神】=【心】

東洋医学でいう【神(しん)】は、【心(しん)】と同義。

そして【精神(こころ)】は【心(こころ)】に宿ると考えられています。

そして、そんな【心】に作用するツボには・・・

《霊(れい)》という漢字が多く使われています。

そこで今回は令和元年の締めくくりに「心を安定させるツボ」

《霊台(れいだい)》をご紹介。

 

「こころの台座」という名のツボ

《霊台》の位置は

背中の正中線上、第6胸椎のでっぱりの下。

 

一般の方は、画像でおおまかな位置を把握してください^^)

あまりツボにこだわらなくても、上の4つのツボのあたりをで大丈夫。

 

ココは心疾患や呼吸器に効くツボとされますが、

解剖学的にみても、心臓と横隔膜の境あたりに位置します。

 

個人的には

人体で一番太い血管「大動脈」が、一番体表に近い部位にある(特に左側)ツボですし・・・

ムクミや末端冷え性など、全身の代謝アップに効果があるのでは、と考えています。

 

鍼でなくても、ホットタオルやシャワーで集中的に温めてあげるのも、この時期おススメ。

 

またこのツボはその名のとおり、「こころ(霊)を安定(台)させる」作用があると云われます。

せわしない時期ですが、「こころ」をしっかり温めて、2019年を締めくくりましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中