脳梗塞後遺症・マヒ

『ミラーボックス療法』-脳梗塞の効果的在宅リハ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は《医療としての鍼灸》を掲げているということもあり、難しいご病気のご相談も受けます。

ここ最近は、立て続いて「 脳梗塞による半身のマヒ」のご相談が2件ほど。

退院後のリハビリがうまくいかない、鍼治療はどうか?

というお悩みです。

半身マヒに対する はりきゅう治療というのも、それこそ大昔から伝えられています。

しかし

「できるなら日々のリハビリとして自宅でできることはないか?」

と考えて・・・

よくご提案するのが、《ミラーボックス》

当院でもデモンストレーション用に作成してみました。

《ミラーボックス療法》とは?

・作成したミラーボックスの、『鏡面側』の天窓を開け、見えるようにします。

・反対側の天窓は閉じ、視界から隠します。

・天窓を開いた鏡面側に健康な手(ここでは右手)を差し入れ、反対側にはマヒした手(ここでは左手)を入れます。

・上から覗きつつ、右手をいろいろ動かすと・・・

やってもらえば、すぐ実感できると思いますが

鏡の中の右手を視ているうちに、あなたの左手にムズムズするような・・・

不思議な感覚がでてくるはず。

 

これは鏡に映った右手を、あなたの脳が左手と錯覚して、左手の運動を司る部分を激しく刺激するから。

 

この《ミラーボックス療法》は、半身マヒや幻肢痛(切断されてなくなったはずの手が痛い、等)のリハビリとして非常に効果的です。

 

複合的なリハビリをご提案します

自宅でのこういったリハビリを、病院のリハに加えていく。

はりきゅうで脳と末梢の血流と神経を活性化する。

あるいは、水素ガス吸引(脳内の活性酸素を除去する)なども、効果は期待できるかと思います。

水素ガス吸引は当院でもお試しいただけます。

リハの基本は、できる限り早くはじめること。

当院は、様々な方法をお教えしながら、機能回復のお手伝いをしていきます。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

自己免疫疾患, 患者さまの声

-自己免疫疾患- 30代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「何よりも先生の人柄がとてもよく、親切丁寧に治療してくれます。

病気が長引きいくつかの鍼灸院にも行きましたが、具体的な説明をしてくれるところは少なく、今の身体の中でどのようなことがおこっているのか分かりやすく相談にのってくれます。

今後も続けて通いたいと思う鍼灸院です。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 上肢の痛み・しびれ

-肩の痛み- 70代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

70代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「先日はありがとうございました。

一回目の施術により、肩を回すことができました。

二回目の施術により、肩の張りなどが取れ、楽になりました。

左肩の一部はまだ痛みがあります。

その痛みを取りたいと思います。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 患者さまの声, 慢性疲労、全身のこり

-肩こり、眼精疲労- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「施術をうけた夜、びっくりするほどよく眠れました。

左肩もすんなり上がり、痛むことがなくなりつつあります。

左右の背筋のアンバランスをご指摘いただいて、そのことに注意をむけて運動するようにしています。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。