精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中