自己免疫疾患, 患者さまの声

-自己免疫疾患- 30代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「何よりも先生の人柄がとてもよく、親切丁寧に治療してくれます。

病気が長引きいくつかの鍼灸院にも行きましたが、具体的な説明をしてくれるところは少なく、今の身体の中でどのようなことがおこっているのか分かりやすく相談にのってくれます。

今後も続けて通いたいと思う鍼灸院です。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 上肢の痛み・しびれ

-肩の痛み- 70代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

70代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「先日はありがとうございました。

一回目の施術により、肩を回すことができました。

二回目の施術により、肩の張りなどが取れ、楽になりました。

左肩の一部はまだ痛みがあります。

その痛みを取りたいと思います。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 患者さまの声, 慢性疲労、全身のこり

-肩こり、眼精疲労- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「施術をうけた夜、びっくりするほどよく眠れました。

左肩もすんなり上がり、痛むことがなくなりつつあります。

左右の背筋のアンバランスをご指摘いただいて、そのことに注意をむけて運動するようにしています。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 下肢の痛み、しびれ

-足のしびれ、違和感- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「痛みの経緯や様子を丁寧に聞き取り診ていただいた。

治療計画も話してもらい、気持ちが落ち着きました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

過敏性腸症候群・胃腸障害, 患者さまの声

-過敏性腸症候群- 20代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

20代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「過敏性腸症候群で、薬を飲んでも治らない吐き気が治療をしてなくなったので、良いと思いました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの薬膳, 自律神経失調

『香り×こころ』-脳の大掃除にアロマをぜひ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

冬至といえば・・・なぜユズ湯?

昨日22日は『冬至』。

冬至といえば『ゆず湯』がつきものですが・・・

 

コレ、一説には「湯治(冬至)でカラダの融通(ゆず)が効く」という洒落からきてる・・・

とも云われます^^)

しかし、ゆず湯の効能はなかなかどうして。

柚子のアロマに含まれるリモネンという成分は、吸引することで全身の血管を拡張させ、

お湯に溶けた油分は保温と潤いを与えてくれます。

 

香りは記憶をよみがえらせる

五感のうち、嗅覚だけは、《大脳辺縁系》という脳の原始的な部分にダイレクトに作用します。

また、感情と記憶に深くかかわる《パペッツの情動回路》という部分にも、嗅覚は直接つながるため、

においは、こころに深く作用するんです。

 

アロマは、当院でも、院内の環境づくりに用いています。

2019年も本当にのこり僅か。

アロマでこころと記憶を整理して、良き新年に備えましょう!

当院は本年、29日(日)まで診療いたします。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 頭痛, 患者さまの声

-眼精疲労、眼の裏の痛み- 40代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

40代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「初めてでしたが、丁寧に説明しながら治療していただいたので、鍼への不安が軽減され、試してみることができました。

右目の奥の疲れがなかなかとれなかったのですが、軽くなりました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

腰痛, 項頚部痛, 患者さまの声

-頚痛、腰痛- 30代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「頚から腰まで痛く、仕事で机に座っているのが辛かったのですが、治療の翌日の仕事から楽になったと実感しました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしのツボ, むくみ, 冷え性, 慢性疲労、全身のこり, 代謝障害

『こころの台座』-れい(霊/令)を和ませるツボ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

この時期になると必ず話題になる“今年の漢字”。

やはり令和元年、2019年は《令(れい)》でしたね。

 

この《令》、漢字の由来を調べてみると「神のお告げを賜る」という意味だとか。

 

【神】=【心】

東洋医学でいう【神(しん)】は、【心(しん)】と同義。

そして【精神(こころ)】は【心(こころ)】に宿ると考えられています。

そして、そんな【心】に作用するツボには・・・

《霊(れい)》という漢字が多く使われています。

そこで今回は令和元年の締めくくりに「心を安定させるツボ」

《霊台(れいだい)》をご紹介。

 

「こころの台座」という名のツボ

《霊台》の位置は

背中の正中線上、第6胸椎のでっぱりの下。

 

一般の方は、画像でおおまかな位置を把握してください^^)

あまりツボにこだわらなくても、上の4つのツボのあたりをで大丈夫。

 

ココは心疾患や呼吸器に効くツボとされますが、

解剖学的にみても、心臓と横隔膜の境あたりに位置します。

 

個人的には

人体で一番太い血管「大動脈」が、一番体表に近い部位にある(特に左側)ツボですし・・・

ムクミや末端冷え性など、全身の代謝アップに効果があるのでは、と考えています。

 

鍼でなくても、ホットタオルやシャワーで集中的に温めてあげるのも、この時期おススメ。

 

またこのツボはその名のとおり、「こころ(霊)を安定(台)させる」作用があると云われます。

せわしない時期ですが、「こころ」をしっかり温めて、2019年を締めくくりましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。