リラックス, 自己免疫疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり

『はり×免疫』その2 -全身のバランスを調えるツボ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

9回目の3.11が過ぎましたが・・・

日本のみならず世界も、あの頃をまざまざと思い出すかのような混乱ぶりです。

さまざまな情報が入り乱れますが、

現状にあって、普通の人々ができる最善は

「まめに、しっかりとした手洗い」

「免疫力を調える」こと。

 

「免疫力」は強ければ良い、わけでもない

そもそも「免疫力」とは、なかなかに難しいもので

強すぎれば、アレルギーなどを引き起こし、

弱すぎれば、細菌やウイルスの侵入を容易くしてしまいます。

大切なのは、バランスです。

 

「病を膏肓に入」れないために

このバランスをどう整えるかを考えたとき、当院では常用するツボがあります。

それが

肩甲骨の間にある『厥陰兪(けついんゆ)』『膏肓(こうこう)』

(いまのヒトは「病膏肓に入る」ということわざはご存じでしょうか?)

腰の上部にある『三焦兪(さんしょうゆ)』『肓門(こうもん)』

 

この、肩甲骨と腰のラインは、

東洋医学的にも(心包/三焦の関係)、西洋医学的にも(胸腺、血流、褐色脂肪細胞、脾臓、副腎など)、全身の調整に深く関わる場所。

 

日々のセルフケアとしてなら、

肩甲骨を大きく動かす体操や、

シャワーでのツボの打たせ湯などがおススメです。

 

大切なことは、基本の健康です。

すなわち

適度な睡眠、適度な食事、適度な運動。

 

こんなときこそ、自分の生活習慣を見直しておきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

リラックス, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり

『はり×免疫』 -当院の新型コロナウイルス感染防止対策について-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

新型コロナウイルスCovid-19の影響で、常ならざる3月。

自宅にいる時間もながくなり、四六時中ニュースに煽られて・・・

疲れてしまってはいませんか?

 

はりと免疫

こんな時こそ、《はりきゅう》はいかがでしょう?

『はり治療と免疫』に関する研究は昔からとても多く

「はりの刺激(侵害刺激)が、防御と修復を司るサイトカインの応答を誘発する」ことが、明らかになっています。

当然、院内環境は《3密》に対し、最大の注意を払っています。

 

《密集対策》

・完全予約制:あなたの施術時間には他の方を入れません。完全貸切状態といたします。

・続けて同じベッドは使用しません。

・また、当院のベッドスペースは、3メートル以上の間隔をあけております。

《密閉対策》

・施術後、10分間の換気の実践。

・ベッド表面、枕のエタノール清掃。

・使用したシーツ、タオルのその都度の交換。

・使用した施術スペースの、直後の30分の紫外線照射。

《密接対策》

・施術者の毎朝の検温、手洗いの厳格化。

検温の結果、万が一、当方に発熱があった場合は、皆さまに速やかにご連絡差し上げ、その日の施術を停止いたします。

 

 

・施術者のマスクおよび『フェイスシールド』の着装。

夏にはいり、加えて『ドロップレット(飛沫)ガード』も着装しましたので、患者さまはマスクをはずしても大丈夫です。

 

 

検温の結果、万が一、当方に発熱があった場合は、皆さまに速やかにご連絡差し上げ、その日の施術を停止いたします。

・接触リスク軽減のため、入口のドアはこちらでお開けします。

 

皆さまにおかれましても

急な発熱など、体調不良が理由の当日キャンセルにつきましては、キャンセル料をいただくことはございません。

そのような時は速やかに、ご連絡ください。

 

ストレスや不安も、免疫力を下げる大きな要因です。

当院は埼玉県のパパママ応援ショップでもあります。

 

パーソナルトレーニングスペースでお子さんを遊ばせておくこともできますから・・・

安心できる環境で、ぜひ免疫力を高めてください!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの薬膳, 脳力、集中力向上, 慢性疲労、全身のこり

脳に効く?『神の食べ物』 -チョコレート-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

さて、本日はバレンタインデー。

最近は、恋愛イベントというよりも友人や自分へのご褒美という側面が強くなってきてるそうですが・・・

やはり、みんな大好きチョコレート!ですねぇ。

 

チョコレートは神さまの食べ物?

この世界中で愛されるチョコレート。

原料のカカオは、学名を「テオブロマ・カカオ」と云いますが、「テオブロマ」とは「神の食物」という意味。

発祥の地、中南米では、カカオは古代から”不老長寿の薬”と考えられていたようで、 カカオがヨーロッパに伝来した後も、スペインでは”門外不出の妙薬”とされていたのだとか。

長い間、海を越えてなお人々を魅了したカカオの薬効とは何なのか?

現代的に云えば、”脳に作用する物質”が、その答えかもしれません。

 

脳に効くチョコレート

カカオに含まれるカフェイン《テオブロミン》は、大脳を刺激して記憶力を高め、リラックスさせる効果があるとされています。

またカカオのアロマは、やはり中枢神経系に作用して、集中力を向上させる作用が認められています。

他にも脳に必須の”ブドウ糖”、代謝に必要な”各種ビタミン・ミネラル”、活性酸素を抑制すると言われる”カカオポリフェノール”など。

 

効能的には、非常に『脳』に効く感じがします。

そういう意味では、「日々のストレスのご褒美にチョコ」という昨今の風潮は、恋愛イベントよりも理に適っているのかも??

 

これからの受験シーズン。

受験生にも良さそうですから、勉強の追い込みのお供にチョコレートはいかがでしょうか?

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの薬膳, 風邪・感染症, 慢性疲労、全身のこり

『和の薬膳のエース』-梅干-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

実は、当院の花壇には、小さな梅の樹があります。

この時期らしからぬ陽気も手伝ってか、今年は非常に花の開きが良い♪

冷気の中に爽やかな香りを漂わせてくれています^^)

 

梅=和の薬膳のエース

梅(特に梅干)は昔から、薬用に多く用いられきました。

江戸時代の食物図鑑《本朝食鑑》によれば、

「能く熱邪を去り、滞りをひらき、渇を潤し、胸やけを除き、咽喉や口の腫れものを癒し、一切の食毒を解する」

とか。

梅の花の煎じ湯は、お顔の吹き出物の洗顔水に。

梅干は、歯痛、口内炎、喉の炎症、胸やけ、胃もたれ、二日酔いと・・・

日本の生活には、切っても切れないものでした。

 

栄養学的にも『梅』は

鉄、マグネシウム、亜鉛、カルシウムなど、カラダの働きを調えるミネラルを豊富に含み、

クエン酸やリンゴ酸は、栄養をエネルギーに変換させやすくし、疲労回復に。

また、『梅』はとてもすぐれたアルカリ性食品なので、

一粒でも、肉類に代表される酸性食品とのバランスをとってくれるので、免疫力の向上にも。

 

今年の二月は、不安なコロナウイルスの話題で世の中騒然としています。

梅でコロナがどうこうなるとは思いませんが、基本として。

 

栄養バランスをしっかりと保ち、免疫力を強めていくことが大切!

 

こまめな手洗いと、人ごみでのマスク、

そして一日一個の梅干しを。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 患者さまの声, 慢性疲労、全身のこり

-肩こり、眼精疲労- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「施術をうけた夜、びっくりするほどよく眠れました。

左肩もすんなり上がり、痛むことがなくなりつつあります。

左右の背筋のアンバランスをご指摘いただいて、そのことに注意をむけて運動するようにしています。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしのツボ, むくみ, 冷え性, 慢性疲労、全身のこり, 代謝障害

『こころの台座』-れい(霊/令)を和ませるツボ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

この時期になると必ず話題になる“今年の漢字”。

やはり令和元年、2019年は《令(れい)》でしたね。

 

この《令》、漢字の由来を調べてみると「神のお告げを賜る」という意味だとか。

 

【神】=【心】

東洋医学でいう【神(しん)】は、【心(しん)】と同義。

そして【精神(こころ)】は【心(こころ)】に宿ると考えられています。

そして、そんな【心】に作用するツボには・・・

《霊(れい)》という漢字が多く使われています。

そこで今回は令和元年の締めくくりに「心を安定させるツボ」

《霊台(れいだい)》をご紹介。

 

「こころの台座」という名のツボ

《霊台》の位置は

背中の正中線上、第6胸椎のでっぱりの下。

 

一般の方は、画像でおおまかな位置を把握してください^^)

あまりツボにこだわらなくても、上の4つのツボのあたりをで大丈夫。

 

ココは心疾患や呼吸器に効くツボとされますが、

解剖学的にみても、心臓と横隔膜の境あたりに位置します。

 

個人的には

人体で一番太い血管「大動脈」が、一番体表に近い部位にある(特に左側)ツボですし・・・

ムクミや末端冷え性など、全身の代謝アップに効果があるのでは、と考えています。

 

鍼でなくても、ホットタオルやシャワーで集中的に温めてあげるのも、この時期おススメ。

 

またこのツボはその名のとおり、「こころ(霊)を安定(台)させる」作用があると云われます。

せわしない時期ですが、「こころ」をしっかり温めて、2019年を締めくくりましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 慢性疲労、全身のこり

-全身のこり- 50代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「体が硬く、全身張りが強い状態で、また腹斜筋部の2年半前からのピンポイントの痛みを和らげたいと色々試しましたが、やっとたどり着きました。

一回の治療で劇的に良くなり、今後もよろしくお願いしたいです。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

肌荒れ・スキンケア

『スキンケア×鍼灸』-お肌を助けるはりの効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

信じられないほど大雨が降った10月とは一転、乾燥厳しい11月。

皆さん、お肌の調子はいかがでしょうか?

 

お肌は《最大の臓器》

・お肌の面積は平均で約1.75㎡(約一畳分)。その重さは体重の16%を占めます。

・皮膚1㎠には300万もの細胞があり、暑さ寒さ・光・物理刺激・化学刺激・微生物、そして乾燥・・・

ありとあらゆるものから「自動的に」身体を護っています。

そのため、お肌は脳と腸に次ぐ、《第3の脳》とも呼ばれています。

 

お肌は「考える」

では、お肌はどうやって、状況を把握しているのか?

実は、健康なお肌は常に電気を帯びています。

表皮細胞には、外側に⊖、内側に⊕の電位差をつくる仕組みがあり、この電位差が乱れを感知すると、細胞たちは自動的に電位差をもとに戻そうと働きます。

(参考文献:岩波書店「皮膚は考える(傳田光洋著)」、フレグランスジャーナル社「美容のための最新皮膚診断マニュアル(フローレンス・バレット・ヒル著)」)

そもそも肌は、脳や神経と同じ細胞(外胚葉)から生まれた組織。

脳同様、電気とホルモンで情報をやりとりし、脳同様、ストレスに影響されてその機能を低下させてしまいます。

 

今、あなたのお肌は、一生懸命に変化に対応しています。

が、睡眠不足や心的ストレス、暴飲暴食、過剰な清潔などが加わると・・・

脳と一緒にお肌の力もガクンと落ちてしまいます。

 

お肌のための《はり治療》

お肌が常に電気を帯びているということは、金属でできた「鍼」が、皮膚に対して効果を挙げる、理論根拠の一つとなります。

つまり「鍼」が肌に触れることで、電気の層に変化が生じ、肌の電気センサを動かす要因となるということ。

師走を目前に控え、慌ただしくなるこの時期。

はり治療でお肌を整えて、2019年を締めくくりましょう。

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

項頚部痛, 頭痛, 患者さまの声, 慢性疲労、全身のこり

-慢性頭痛、頚肩痛ほか- 40代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

40代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「慢性の頚と肩のこりに加え、偏頭痛。

2年前から週2で接骨院通いおwしていますが、一時だけでなかなか改善されず。

心臓の手術をしてから、とにかく体力がなく疲れやすく、東洋医学に頼るべく、自らネットで此方のはり治療を探し当て、今日の今!の尾お願いにもかかわらず親切に対応していただきました。

鍼をうったその日はダルかったのですが、翌々日からなんとなく身体の内側から元気が出てきて、痛みも和らいできました。

驚いたのが、長年悩まされてきた眼の下のクマが消えたことです。

自分の意識になかった貧血を指摘され、日常気を付けるようになりました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。