肌荒れ・スキンケア

『スキンケア×鍼灸』-お肌を助けるはりの効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

信じられないほど大雨が降った10月とは一転、乾燥厳しい11月。

皆さん、お肌の調子はいかがでしょうか?

 

お肌は《最大の臓器》

・お肌の面積は平均で約1.75㎡(約一畳分)。その重さは体重の16%を占めます。

・皮膚1㎠には300万もの細胞があり、暑さ寒さ・光・物理刺激・化学刺激・微生物、そして乾燥・・・

ありとあらゆるものから「自動的に」身体を護っています。

そのため、お肌は脳と腸に次ぐ、《第3の脳》とも呼ばれています。

 

お肌は「考える」

では、お肌はどうやって、状況を把握しているのか?

実は、健康なお肌は常に電気を帯びています。

表皮細胞には、外側に⊖、内側に⊕の電位差をつくる仕組みがあり、この電位差が乱れを感知すると、細胞たちは自動的に電位差をもとに戻そうと働きます。

(参考文献:岩波書店「皮膚は考える(傳田光洋著)」、フレグランスジャーナル社「美容のための最新皮膚診断マニュアル(フローレンス・バレット・ヒル著)」)

そもそも肌は、脳や神経と同じ細胞(外胚葉)から生まれた組織。

脳同様、電気とホルモンで情報をやりとりし、脳同様、ストレスに影響されてその機能を低下させてしまいます。

 

今、あなたのお肌は、一生懸命に変化に対応しています。

が、睡眠不足や心的ストレス、暴飲暴食、過剰な清潔などが加わると・・・

脳と一緒にお肌の力もガクンと落ちてしまいます。

 

お肌のための《はり治療》

お肌が常に電気を帯びているということは、金属でできた「鍼」が、皮膚に対して効果を挙げる、理論根拠の一つとなります。

つまり「鍼」が肌に触れることで、電気の層に変化が生じ、肌の電気センサを動かす要因となるということ。

師走を目前に控え、慌ただしくなるこの時期。

はり治療でお肌を整えて、2019年を締めくくりましょう。

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。