くらしのツボ, リラックス, 疼痛治療, 自律神経失調

耳は『脳の窓口』 -耳つぼのさまざまな効能-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

今日3月3日。

言わずと知れた「ひなまつり」ですが・・・

『耳の日』でもありますよね。

 

耳は《脳の窓口》

はりきゅうで『耳』といえば、やはり《耳つぼ》。

雑誌などでは、もっぱらダイエットの効能ばかりを取り上げていますが、『耳つぼ』はそれだけではありません。

耳には脳から直接伸びる神経(脳神経)が複数分布していて、脳へアプローチをする際の「窓口」としては重要なポイントなんです。

以前紹介した疼痛治療・・・「バトルフィールド・アキュパンクチャー(戦場のはりきゅう)」も、

耳を窓口とした、脳へのアプローチの一つ。

私は以前、中国で鍼麻酔による甲状腺除去手術を見学したことがありますが、その時も使われていたのは耳のツボでした。

 

こころがざわつくときには《耳マッサージ》を

ダイエット(食べ物への中毒的依存の軽減)はもちろん、脳が関わる様々な問題・・・

機能性疼痛(原因がないのに痛みだけがある)やうつ、不眠。

そして最近の世情の不安からくる、疑心暗鬼などにも。

専門的なツボに関してはとても細かいですから・・・

 

一般の方のセルフケアとしては、

「耳たぶをかるくひっぱりながら、回すようにほぐす」

「綿棒など柔らかいもので耳の孔の中をなでるようなマッサージ」

というのでも良いと思います。

(耳の孔の中は副交感神経に支配されているので、リラックスさせる効果大)

三寒四温のこの季節、ただでさえ、 カラダの痛みやめまいなどが出てくる方が増えきます。

今年は加えてこの大騒ぎ。

ウイルスに正しく対処するためにも、

 

まずは耳をほぐして心を落ち着けて・・・

冷静に周りをみてみましょう。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 上肢の痛み・しびれ

-肩の痛み- 70代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

70代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「先日はありがとうございました。

一回目の施術により、肩を回すことができました。

二回目の施術により、肩の張りなどが取れ、楽になりました。

左肩の一部はまだ痛みがあります。

その痛みを取りたいと思います。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 下肢の痛み、しびれ

-足のしびれ、違和感- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「痛みの経緯や様子を丁寧に聞き取り診ていただいた。

治療計画も話してもらい、気持ちが落ち着きました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 頭痛, 患者さまの声

-眼精疲労、眼の裏の痛み- 40代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

40代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「初めてでしたが、丁寧に説明しながら治療していただいたので、鍼への不安が軽減され、試してみることができました。

右目の奥の疲れがなかなかとれなかったのですが、軽くなりました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

腰痛, 項頚部痛, 患者さまの声

-頚痛、腰痛- 30代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「頚から腰まで痛く、仕事で机に座っているのが辛かったのですが、治療の翌日の仕事から楽になったと実感しました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

項頚部痛, 頭痛, 患者さまの声

-頭痛- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「重いものをもった後、頭から頚肩にかけて痛みがあり、2週間たっても頭痛がするので、こちらの治療を受けました。

当日より数日後、1回目より2回目と、その治療の結果がよくなった気がします。

受けてよかったです。

ありがとうございました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

疼痛治療

『冷やすvs温める』-痛みの種類とはり治療-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

鍼灸院で多いのは、頭痛・肩痛・腰痛など・・・やはり「痛み」の患者さん。

そんな方々からよくあるの質問が、

「痛いときは、冷やすべきか、温めるべきか?」

コレに対して、自分の答えは・・・「基本、温める」です。

 

《炎症》と《緊張》のちがいとは?

痛い場所が、見た目に紅く腫れて熱を持ち、押すとひどく痛む場合、これは《炎症》です。

筋肉や皮膚では、ばい菌が入るか、強い力で組織がちぎれた場合(肉離れなど)に起こることが多いのがこの状態。

こういう時は、当院では、先ず病院での検査をオススメしています。

が、

鍼灸院に痛みで来院されるヒトの90%は、

・原因がよくわからず

・慢性的にはっきりしない鈍痛があり

・紅くも腫れても熱もなく

・動きはじめはつらいけど、しばらく動くと楽になる・・・というタイプ。

 

これは《筋緊張》による痛みです。

 

《緊張》には「温熱」を

普段の運動不足や、長時間、同じ姿勢を続けているような場合、一部の筋肉「のみ」が、ずっと働くことになります。

この状態が慢性化すると、その筋肉は「緊張状態が日常」になり・・・

収縮/弛緩によって生じる「筋肉の呼吸」ができなくなってしまいます。

ココに不意にプラスαの負荷が加われば・・・

 

こういった痛みに必要なのは、筋肉を緩めてあげること。

筋肉を緩めるには

・温めること(温熱療法)

・動かすこと(血流の活性化)

・筋肉を包む筋膜の圧力を逃がすこと

 

が大切。

 

師走にはいり、急に寒くなってきました。

こういう時は、「痛み」がでやすいもの。

身体をよく温めて、残り20日を乗り越えましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

肩甲間部痛, 腰痛, 患者さまの声

-腰背部痛- 20代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

20代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「鍼と吸玉をしていただき、苦しい状態からすぐ楽になりました。

これからもお願いしたいと思います。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労・眼科疾患, 項頚部痛, 患者さまの声

-頚肩痛、眼精疲労- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「前回はじめて鍼治療を受けましたが、施術前にていねいに説明してくださったので不安が軽減されました。

肩こり、頚の痛み、眼精疲労がひどかったのですが、治療後はからだが軽くなりました。

特に眼が楽になりました。

一時的ではありますが、視力が良くなったと思います。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方, 疼痛治療, 自律神経失調

『テンセグリティ×鍼灸』-骨格を調えるはりの効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

皆さんは《テンセグリティ構造》というものをご存じでしょうか?

これは、お互いに接触しない固い素材と、張力をもつ柔らかい素材(ゴムのような)でできる立体構造のこと。

この棒が宙に浮いているような、不思議な構造。

面白いですよねー

実はこの構造、とても身近なところにも存在します。

それが、あなたの身体。

 

骨格=《テンセグリティ》?

骨(硬い)は実のところ、それだけでは骨格を維持できません。

筋肉・腱・膜・靭帯など、柔らかい組織の長さや弾力のバランスによって維持されています。

そして、骨格のなかで、そのバランスが最も顕著にみられるのが・・・頚肩です。

 

下顎と舌骨と胸骨そして肩甲骨は、それぞれは触れていません。

これらをつなぐ細かい筋肉が、顎や肩の位置、口の開き方のバランスを保っています。

 

頭痛には《テンセグリティ》を調えることが大切

当院では、頭痛の患者さんを多く診ますが・・・

頭痛やめまい、自律神経の乱れを訴える方の大半は、ココのバランスがとてもよくない(-_-;)

 

治療においては、それぞれの筋肉のテンションを調えるような鍼を打ちますが、根本的には、日々の姿勢が大切です。

 

1、PC作業では背筋を伸ばして。

2、休憩時には、肩甲骨を意識してしっかりと体操を。

3、そしてよく噛んで、たまには大きな声をだす!

 

もうすぐ師走。

慌ただしいとは思いますが、そんなときこそ、バランスを意識しましょう!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。