精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

精神疾患, 患者さまの声

-不安感- 40代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

40代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「清潔感のある落ち着いた感じでリラックスできました。

身体の芯がやわらかくなりました。」

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの東洋医学, 精神疾患, 自律神経失調

『CTスキャン瞑想法』 -五月病へのセルフケア-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

超大型連休明けの木曜日。

皆さん、お疲れではありませんか?

やる気がでない、集中できない、なんとなく体調が悪いなど・・・いわゆる『五月病』の初期症状が出ている方は要注意。

 

そんな方は、ひとつ、こんな瞑想法をためしてみてはいかがでしょう?

名付けて《CTスキャン瞑想》。

 

① 姿勢は坐っていても、仰向けに寝ていてもOKですから、リラックスできる静かな場所で。

② 眼を閉じて、CTスキャンの、あのリング状の機械を頭に浮かべましょう。

③ あのリングが、頭上からゆっくりと降りてきて・・・

④ 自分のカラダの断面をスキャンしていくイメージを。

 

このテクニックは、実は江戸時代からある由緒正しい心身症の治療法。

禅宗のお坊さまが、黙々と座禅し、禅問答に頭を悩ませて・・・

そんな修行によっておこる脳疲労-ひえのぼせ、耳鳴り、パニックや不安など-へのセルフケアとして、名僧、白隠禅師が伝えたマインドフルネスです。

 

正式には【なんその法】と云いますが、詳細はイラストの通り。

そもそも「なんそ(軟酥)」とは、ヨーグルトのような乳製品のことですが、現代人にはなじみがないでしょうし・・・

CT検査ならイメージしやすいかなと思い、アレンジしてみました^^)。

 

五月病の一番の原因は、対人関係、生活変化、気候変化など外側からのストレスです。

そんな時こそ、自分の内面をゆっくりとスキャンすることが大切。

 

連休明けのこの時期からぜひ、瞑想する時間を生活の一部に加えてみましょう!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしのツボ, 精神疾患

『お釈迦さまの額のツボ?』 -判断力をたかめるツボ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

昨日、四月八日は「灌仏会(花まつり)」・・・お釈迦さまの誕生日

クリスマス・・・キリストさまの誕生日は有名ですが、お釈迦さまの誕生日は知名度低いですよね~(;^_^A

 

そこで今日は、お釈迦さまに因んだツボ(?)をご紹介。

《印堂(いんどう)》と云います。

ツボの位置は、「両方の眉毛の内側の中央」。

お釈迦さまの額のポッチ(白毫と云います、アレ「毛」なんですって!)の少し下ですが・・・

 

当院では、

脳の疲労回復・イライラ、パニック、集中できないなどのメンタルの症状へのアプローチによく用います。

 

興味深いのは、《印堂》の奥、脳の『眼窩前頭皮質』と呼ばれる場所。

いまだに謎の多い部位だそうですが、

意志決定につよく関わる領域で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などでは、この部位の萎縮がみられるのだとか。

 

こういった強いストレスからくる症状に対して、心理療法では、

EMDR(Eye Movement Desensitization and Retrocession)という、過去のつらい体験を思い出させて眼球を左右に動かす療法がありますが・・・

 

《印堂》への刺激も似た効果をだせるのかもしれません。

 

セルフケアとしてなら

《印堂》を狙って熱めのシャワーをあてる。

《印堂》をかるく指ではじく。

 

なんて方法もオススメ。

 

新生活に突入し、なれない環境で混乱することもあるでしょう。

まずは落ち着いて・・・

《印堂》への刺激で、すばやい判断力を保ちましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。