精神疾患, 自律神経失調, 慢性疲労、全身のこり, 不眠、睡眠障害

『笑顔×健康』-「笑う門には福来る」の医学的根拠-

皆さん、遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院は5日からの仕事始めでしたが、なかなか忙しく、今年の初コラムがこんな時期になってしまいました(;^_^A

さて、新年1回目のコラムは

めでたく『笑う門には福来る』の医学的根拠について。

Facial Feedback Theory

皆さんは、どんな時に笑顔になるでしょう?

もちろん「楽しい時」ですよね。

しかし、実は逆もまた然り。

「笑う」ことが「楽しい感情をつくって」くれるんです。

 

《Facial Feedback Theory》と表された論文(1989年)によると

「表情筋を意図的に収縮させることで、実際の感情を変えることができる、または感情自体をスタートさせることができる」

と報告されています。

ヒトの脳は、顔から入ってくる刺激を、特に鋭敏に感知する傾向にあります。

たとえ「つくり笑い」でも、顔の筋肉が脳へと送る信号は一緒。

笑顔が脳をリラックスさせ、ホルモンや自律神経系にも影響を及ぼす。

と考えられているんです。

 

当院では、この仕組みを利用し

「眉間のツボを刺激する」ことで、脳をリラックスさせることに活用しています。

「笑顔」は自分も他人も元気にします。

また、体内にはがん細胞など「異常な細胞」を駆逐するナチュラルキラー(NK)細胞というものがありますが、このNK細胞、笑うことでその機能が高まることがわかっています。

つまり、今大流行中のインフルエンザにも、笑いは有効だということ。

 

最後に笑顔は、まわりのヒトの自律神経もリラックス状態にします。

(私などは、笑顔を描いてるだけで癒されます^^)

笑うことは、自分もまわりのヒトも元気にする最高の良薬。

今年もいつでも、大変なときこそ「笑って」「元気に」いきましょう!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

過敏性腸症候群・胃腸障害, 患者さまの声

-過敏性腸症候群- 20代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

20代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「過敏性腸症候群で、薬を飲んでも治らない吐き気が治療をしてなくなったので、良いと思いました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの薬膳, 自律神経失調

『香り×こころ』-脳の大掃除にアロマをぜひ-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

冬至といえば・・・なぜユズ湯?

昨日22日は『冬至』。

冬至といえば『ゆず湯』がつきものですが・・・

 

コレ、一説には「湯治(冬至)でカラダの融通(ゆず)が効く」という洒落からきてる・・・

とも云われます^^)

しかし、ゆず湯の効能はなかなかどうして。

柚子のアロマに含まれるリモネンという成分は、吸引することで全身の血管を拡張させ、

お湯に溶けた油分は保温と潤いを与えてくれます。

 

香りは記憶をよみがえらせる

五感のうち、嗅覚だけは、《大脳辺縁系》という脳の原始的な部分にダイレクトに作用します。

また、感情と記憶に深くかかわる《パペッツの情動回路》という部分にも、嗅覚は直接つながるため、

においは、こころに深く作用するんです。

 

アロマは、当院でも、院内の環境づくりに用いています。

2019年も本当にのこり僅か。

アロマでこころと記憶を整理して、良き新年に備えましょう!

当院は本年、29日(日)まで診療いたします。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方, 疼痛治療, 自律神経失調

『テンセグリティ×鍼灸』-骨格を調えるはりの効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

皆さんは《テンセグリティ構造》というものをご存じでしょうか?

これは、お互いに接触しない固い素材と、張力をもつ柔らかい素材(ゴムのような)でできる立体構造のこと。

この棒が宙に浮いているような、不思議な構造。

面白いですよねー

実はこの構造、とても身近なところにも存在します。

それが、あなたの身体。

 

骨格=《テンセグリティ》?

骨(硬い)は実のところ、それだけでは骨格を維持できません。

筋肉・腱・膜・靭帯など、柔らかい組織の長さや弾力のバランスによって維持されています。

そして、骨格のなかで、そのバランスが最も顕著にみられるのが・・・頚肩です。

 

下顎と舌骨と胸骨そして肩甲骨は、それぞれは触れていません。

これらをつなぐ細かい筋肉が、顎や肩の位置、口の開き方のバランスを保っています。

 

頭痛には《テンセグリティ》を調えることが大切

当院では、頭痛の患者さんを多く診ますが・・・

頭痛やめまい、自律神経の乱れを訴える方の大半は、ココのバランスがとてもよくない(-_-;)

 

治療においては、それぞれの筋肉のテンションを調えるような鍼を打ちますが、根本的には、日々の姿勢が大切です。

 

1、PC作業では背筋を伸ばして。

2、休憩時には、肩甲骨を意識してしっかりと体操を。

3、そしてよく噛んで、たまには大きな声をだす!

 

もうすぐ師走。

慌ただしいとは思いますが、そんなときこそ、バランスを意識しましょう!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

過敏性腸症候群・胃腸障害, 患者さまの声

-胃腸障害- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「先日は治療中に具合が悪くなってしまいましたが、丁寧に話を聞いていただき、楽な姿勢で治療をしていただいて、ありがとうございました。

2日後くらいから楽になりました。

薬を飲んでもなかなか良くならず辛い気持ちが続いていたので、治療、体調の改善に向けて一緒に考えていただけてうれしかったです。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

患者さまの声, 不眠、睡眠障害

-不眠- 60代男性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

60代男性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

 

「はり治療後、帰宅してからリラックスできて、眠気がおそってきました。」

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

自律神経失調

『フェイスケア×鍼灸』-美容だけじゃない顔鍼の効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院では、頭痛や自律神経の乱れに悩む方が多くご来院されますが・・・

治療のポイントとしてよく使うのが、実は「お顔」です。

 

すべての《氣》は顔にあつまる

東洋医学には

「十二経脈三百六十五絡、その血気は皆顔に上り、空竅(眼鼻口耳)を行く」(『霊枢』邪気臓腑病形篇第四)

と云う言葉があります。

解剖学的にみても『顔(デコルテより上)』というのは非常に特殊で

副交感神経の大半は、顔の神経(動眼神経・顔面神経・舌咽神経)に集中しているんです。

つまり

顔へのアプローチは、《氣》の流れを調え、副交感神経を優位にする効果があるということ。

 

特に大切は《6つ》のポイント

この顔の中で、東西両医学ともに、特に重要なのが、以下の6つのポイント。

当院の治療でも非常に多く使います。

 

・項(うなじ)

頭痛の原因の大半はココの緊張です。

・下あごの角

自律神経(交感神経も副交感神経も)の出口がこの奥にあります。

・口のまわり

表情筋は口から放射状に分布します。つまりお顔(美容)の中心。

・内目尻

眉間に皺をよせてみてください。気持ちまでなんかイヤな気持ちになりませんか?

表情と感情の関係は実際に研究されていて、「意図的に表情筋を収縮させることが、感情自体の起点になる」という報告がなされています。《Face Feedback Theory》

・耳のうしろ

胃腸に向かう副交感神経(迷走神経)がこのあたりに分布しています。

・鎖骨のくぼみ

副交感神経と横隔膜神経が、ココから体内に入る場所。

つまり、深呼吸とリラクッスにとって、とても重要なポイントです。

 

これらポイントは、日々のセルフケアとしても大いに活用できる場所。

11月も半分が過ぎ、2019年も後1月半。

慌ただしさと急な寒さは、身体に負担となりますから・・・

ぜひ覚えておいてくださいね、この6ポイント!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

肩甲間部痛, 喘息, 患者さまの声

-背中痛・喘息- 30代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「治療の翌日には痛みも軽減され、仕事も(土日の販売)いつものようにできました。

というのも、当日の夜の咳があまり出なくて、夜にぐっすり熟睡できたためもあると思います。

鍼は以前、毎週通っていたので久しぶりに気持ちよかったです。」

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

自律神経失調, 患者さまの声

-全身疲労- 50代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

50代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「過去、色々なマッサージを経験しましたが、こちらが一番効果があり、満足です。

これからもよろしくお願いします。」

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの東洋医学, 精神疾患, 自律神経失調

『CTスキャン瞑想法』 -五月病へのセルフケア-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

超大型連休明けの木曜日。

皆さん、お疲れではありませんか?

やる気がでない、集中できない、なんとなく体調が悪いなど・・・いわゆる『五月病』の初期症状が出ている方は要注意。

 

そんな方は、ひとつ、こんな瞑想法をためしてみてはいかがでしょう?

名付けて《CTスキャン瞑想》。

 

① 姿勢は坐っていても、仰向けに寝ていてもOKですから、リラックスできる静かな場所で。

② 眼を閉じて、CTスキャンの、あのリング状の機械を頭に浮かべましょう。

③ あのリングが、頭上からゆっくりと降りてきて・・・

④ 自分のカラダの断面をスキャンしていくイメージを。

 

このテクニックは、実は江戸時代からある由緒正しい心身症の治療法。

禅宗のお坊さまが、黙々と座禅し、禅問答に頭を悩ませて・・・

そんな修行によっておこる脳疲労-ひえのぼせ、耳鳴り、パニックや不安など-へのセルフケアとして、名僧、白隠禅師が伝えたマインドフルネスです。

 

正式には【なんその法】と云いますが、詳細はイラストの通り。

そもそも「なんそ(軟酥)」とは、ヨーグルトのような乳製品のことですが、現代人にはなじみがないでしょうし・・・

CT検査ならイメージしやすいかなと思い、アレンジしてみました^^)。

 

五月病の一番の原因は、対人関係、生活変化、気候変化など外側からのストレスです。

そんな時こそ、自分の内面をゆっくりとスキャンすることが大切。

 

連休明けのこの時期からぜひ、瞑想する時間を生活の一部に加えてみましょう!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。