くらしの薬膳, 風邪・感染症, 慢性疲労、全身のこり

『和の薬膳のエース』-梅干-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

実は、当院の花壇には、小さな梅の樹があります。

この時期らしからぬ陽気も手伝ってか、今年は非常に花の開きが良い♪

冷気の中に爽やかな香りを漂わせてくれています^^)

 

梅=和の薬膳のエース

梅(特に梅干)は昔から、薬用に多く用いられきました。

江戸時代の食物図鑑《本朝食鑑》によれば、

「能く熱邪を去り、滞りをひらき、渇を潤し、胸やけを除き、咽喉や口の腫れものを癒し、一切の食毒を解する」

とか。

梅の花の煎じ湯は、お顔の吹き出物の洗顔水に。

梅干は、歯痛、口内炎、喉の炎症、胸やけ、胃もたれ、二日酔いと・・・

日本の生活には、切っても切れないものでした。

 

栄養学的にも『梅』は

鉄、マグネシウム、亜鉛、カルシウムなど、カラダの働きを調えるミネラルを豊富に含み、

クエン酸やリンゴ酸は、栄養をエネルギーに変換させやすくし、疲労回復に。

また、『梅』はとてもすぐれたアルカリ性食品なので、

一粒でも、肉類に代表される酸性食品とのバランスをとってくれるので、免疫力の向上にも。

 

今年の二月は、不安なコロナウイルスの話題で世の中騒然としています。

梅でコロナがどうこうなるとは思いませんが、基本として。

 

栄養バランスをしっかりと保ち、免疫力を強めていくことが大切!

 

こまめな手洗いと、人ごみでのマスク、

そして一日一個の梅干しを。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

くらしの薬膳, 風邪・感染症, 高血圧

『冬のお手軽薬膳』-養生三宝-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

立冬を過ぎ、日に日に寒さが増すこの時期、体調はいかがでしょうか?

これから師走にかけての忙しい時期を乗り切るために、今回は食養生。

冬の『養生三宝』とよばれる食材をご紹介します。

とは言え、決して高価でも珍しいものでもありませんよ^^)

《白菜》

ビタミンCを多く含み、鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分も豊富。

ビタミンCは風邪の予防、お肌の乾燥予防に大切ですし、ついつい塩分を多く摂りがちな冬の食事には、塩分の排出を促すカリウムは必須。

ただビタミンCは、加熱でこわれてしまうので・・・

お鍋よりは漬物がオススメ。

 

《豆腐》

「プロテイン」が健康のキーワードでとりあげられる程、最近のタンパク質に対する関心は急上昇。

大豆は良質な植物性タンパクの代表ですが、豆腐になるとその吸収率が格段にあがります。

タンパク質はあまり体内に溜めておけないので、日々の食事に一つ加えるのがベスト。

《大根》

薬膳では生の大根は「気を上げ」、火を通した大根には「気を下げる」効果があると云いますが・・・

実際、大根に含まれる消化酵素「ジアスターゼ」は熱に弱く、加熱すると効果は消えてしまいます。

また優れた殺菌効果をもつ「イソチオシアネート」は、大根の細胞が壊れて、はじめて出てくるので・・・

インフルエンザが心配になりはじめるこの時期は、「大根おろし」がオススメです。

この3つ、毎食全部とるののは大変でしょうが・・

おかずに「大根おろし」「冷ややっこ」「白菜漬」のどれか一つを加えるのはそう難しくないと思います。

寒さと乾燥にまけないカラダづくりに、お値段もお手頃な『三宝』を、ぜひ上手に活用してください!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

項頚部痛, 風邪・感染症, 婦人科・泌尿器疾患, 患者さまの声

-不妊ほか- 30代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

30代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「初めての鍼治療でしたが、恐怖感はまったく感じませんでした。

不妊治療(体外受精移植直前)での通院とともに、風邪・肩こり・首の痛みも同時に施術していただきました。

中でも風邪のときは即効性に驚きました。」

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。