わたくしごと

『医療としての鍼灸を』-2度目の解剖研修に参加してきました-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

去る9月28日~10月2日。

昨年に続き、2度目のハワイ大学での「解剖実習」に参加してきました。

長くお休みし、申し訳ありませんでした。

昨年、この研修に参加して1年。

それ以前とは私の施術が明らかに変わりました。

問題の筋肉の位置、深さ、角度。

エンジンとなる筋肉、センサーとなる筋肉の違いと、この症状はどちらが問題で起きているのか?

神経はどこから出、どこに入るか?

 

教科書でどれほど勉強しても、実際の人体に深く触れるなければ、こういう知識は手に入りません。

 

今回の研修で、再びご献体に対峙し、その構造を深く掘り下げることができました。

 

実際、帰国後のこの1月は、過去最高の人数の患者さまの施術をさせていただけましたし、

患者さまからも

「前回と(鍼の)感じが違います」などと、うれしいご感想をたくさんいただけました。

 

ハワイでご指導くださった諸先生方、ご自身の身体を医学のためにご提供くださった、ご献体およびそのご家族に、心から御礼を。

御恩に報いる意味でも、

今後とも、さらに学び続け、質の高い《医療としての鍼灸》を、皆さんにご提供いたします。

ご期待ください!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

わたくしごと

『開院記念日』-伍行庵は13年目になりました-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

私事ですが、明日5月17日は当院の開院記念日。

2006年5月17日にこの場所に開院してから・・・

 

はや12年が過ぎました。

 

いまや

「コンビニよりもはりきゅう院の方が多い」

という、供給過多のはりきゅう業界にあって、12年を無事終えることができたのは、ひとえにご贔屓してくださる患者さま方のお陰です。

 

この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 

当院の屋号、《伍行》の意味は、

「人のために五行(心身のバランス)を調える院」でありたいとの想いから。

 

今後とも、たゆまず勉強を続け、

「ヒトと医療にまっすぐ誠実なはりきゅう」をご提供して、

皆さまの健康の一助になりたいと考えています。

 

今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。