カラダの正しい使い方

『ダイエット×歩行』-剣道の極意?より-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

先日、患者さんから「痩せる歩き方はありませんか?」というご質問をいただきました。

昨今はウォーキングにしろランニングにしろ、様々な指南書があり・・・コレが正解!というのはなかなか(;^_^A。

なので一つ、アドバイス。

 

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振るイメージ」

コレはもともと剣道のコツ。

曰く

「踵を外側に捻転すると腓骨が伸びる。腓骨を伸ばせばひかがみ(膝裏)が伸びる。ひかがみが伸びれば腰が入る」(小川忠太郎範士『剣道講和』より)

この教えは運動力学的にも理にかなっていて、膝裏-太もも裏のハムストリングス-を意識して使うことで、体幹のインナーマッスル-大腰筋-の連動が生まれます。

インナーマッスルの活用は基礎代謝を上げる効果が高い上、姿勢も良く(腰が入る)なりますし、足の筋肉に過剰な負荷をかけないので、足が太くなることもありません。

バレリーナなど、体幹を上手く使えるヒトの足は細いでしょう?

ただ、普通に「膝裏を伸ばして」と指導すると、どうにもどっかの国の軍隊パレードみたいな動きになる事が多いので・・・

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振る」

このイメージができれば自然、膝裏も腰も背筋も伸びてくるはず。

この動きのラインは、脇の下を通って、腕の付け根までつながりますから、腕も自然と振れてきます(剣道では脇の絞り込みにも関係します)。

ここまでしっかりと全身運動になれば、ウォーキングも立派なエクササイズ。

さあ皆さん、踵をちょと意識して、颯爽と歩いていきましょう!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方, 疼痛治療, 自律神経失調

『テンセグリティ×鍼灸』-骨格を調えるはりの効果-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

皆さんは《テンセグリティ構造》というものをご存じでしょうか?

これは、お互いに接触しない固い素材と、張力をもつ柔らかい素材(ゴムのような)でできる立体構造のこと。

この棒が宙に浮いているような、不思議な構造。

面白いですよねー

実はこの構造、とても身近なところにも存在します。

それが、あなたの身体。

 

骨格=《テンセグリティ》?

骨(硬い)は実のところ、それだけでは骨格を維持できません。

筋肉・腱・膜・靭帯など、柔らかい組織の長さや弾力のバランスによって維持されています。

そして、骨格のなかで、そのバランスが最も顕著にみられるのが・・・頚肩です。

 

下顎と舌骨と胸骨そして肩甲骨は、それぞれは触れていません。

これらをつなぐ細かい筋肉が、顎や肩の位置、口の開き方のバランスを保っています。

 

頭痛には《テンセグリティ》を調えることが大切

当院では、頭痛の患者さんを多く診ますが・・・

頭痛やめまい、自律神経の乱れを訴える方の大半は、ココのバランスがとてもよくない(-_-;)

 

治療においては、それぞれの筋肉のテンションを調えるような鍼を打ちますが、根本的には、日々の姿勢が大切です。

 

1、PC作業では背筋を伸ばして。

2、休憩時には、肩甲骨を意識してしっかりと体操を。

3、そしてよく噛んで、たまには大きな声をだす!

 

もうすぐ師走。

慌ただしいとは思いますが、そんなときこそ、バランスを意識しましょう!

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

むくみ, バランス向上, 患者さまの声

-バランス向上・むくみ- 40代女性

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅すぐ、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

40代女性の患者さまから、ご感想をいただきました。

 

「マッサージ、整骨院では全く改善がなかったのに、鍼で体のバランスが良くなったように感じています。

特に足のむくみはとてもよくなりました。

日曜日に治療していただけるのも嬉しいです。」

 

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方, 自律神経失調

『令和のなかにいのちあり』 -生命力と呼吸の関係-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

新元号《令和》。

よくよく見ると・・・この中には『命』がありますねー^^)

 

そもそも『命』は、『令』と『口』の組み合わせから成り立つ漢字。

 

命令・使命・運命・生命など

「大きな存在(神・天・王や帝など)からの宣託」というのが『命』の意味です。

 

そして実は一つ、この《命》がつくツボがあります。

それが・・・

《命門(めいもん)》

 

ツボの位置は

背中の正中線と、左右の一番下の肋骨の尖端を結んだ交点。

といったほうが、わかりやすいかと。

 

「命の門」と名付けられるだけあって、その効能は

不妊をはじめとする婦人科疾患全般、男性の泌尿器疾患、子供の発育不全と・・・

まさに生命力をあげるためのポイントです。

 

ツボとして鍼やお灸も良いですが・・・

このツボの一番の刺激方法は『呼吸』。

このツボは体幹をぐるりと巡るラインの起点とされているので、お腹をしっかりとつかった腹式呼吸・・・

今風にいえば、腹横筋を意識した「ドローイン」などは、まさに《命門》を刺激する呼吸法でしょう。

緑萌える季節。

きたる《令和》に《命》をしっかり活性化するためにも・・・

《命門》を意識した深呼吸を!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方

『バレエ×剣道』 -タンデュを剣道に応用できないか?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

つい先日、バレエ方面のケアで活躍している後輩と飲む機会があったのですが・・・

 

バレエの話を聞いていて、ふと「随分と剣道と共通する部分が多いなぁ」と。

 

例えば跳躍/飛び込み面。

陸上のスプリントやバレーボールなどは、跳躍/ダッシュの直前に、身体全体を使って”溜め”を作り、その反動で強い推進力を生みます。

 

しかし、剣道では「初動を消す」・・・つまり予備動作を極力減らして打突に入ることが理想。

同じようにバレエの跳躍も理想は「重力を消すこと」だとか。

確かにバレエを観ていて感じるあの独特の浮遊感は、大きな”溜め”では得られませんよね。

 

ではバレリーナは、どうしてあんな跳躍ができるのか?

 

曰く、バレエの基礎練に《タンデュ》というのがあるそうで、コレにバレエに必要な動作の全てが含まれているのだとか。

翌日、早速いろいろ調べてみましたが・・・

 

なるほど、コレは奥が深い。

 

ネットで調べた情報のみなので、あくまで私が感じた《タンデュ(っぽいもの)》の紹介ですが、確かにこの動作、ゆっくりとやればやるほど、足裏、ふくらはぎ、腿裏や体幹などに効いているのが分かります。

バレリーナはコレ、準備運動として・・・前だけじゃなく、横も後ろもやるんですって。

凄いな。

剣道でもう随分と「へっぴり腰」を指摘されて続けながら、なかなか治らない自分としては、コレは是非、取り入れるべき基礎練かも。

足裏、ふくらはぎ、腿裏や体幹といった筋肉は、昨今、どんなスポーツでも取り上げられるポイントです。

種目を選ばず、一つお試しあれ。

姿勢は間違いなく良くなるはずですから。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

カラダの正しい使い方, 疼痛治療

腰痛に『ならない』ためのカラダの使い方

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

う~ん、昨日は飛び込みの「ぎっくり腰」、多かったです。

聞くとだいたい同じようなシチュエーション。

 

・中腰で引き出しを引っ張ったとき・・・

・中腰で床におちた洗濯物を拾おうとしたとき・・・

・中腰で靴紐を結んで、立ち上がろうとしたとき・・・

 

キーワードはやはり『中腰』でしょう。

 

膝をしっかり曲げずに腰をかがめるこの姿勢は、上半身の重さの何倍もの力が腰に集中します。

 

上半身と下半身の重さの比率は約6:4

50㎏のヒトなら普通にしてても30㎏の上半身 + 引き出しや荷物の重さ × 前傾姿勢による倍増・・・

 

その瞬間・・・

想像するだに恐ろしい重さが腰に乗っかっていると思いませんか?

 

今の日本では、畳や和式トイレも減り、結果「しゃがむ」習慣も減っています。

 

しかし、ちゃんと「しゃがめない」方は、上の計算式の負荷が腰に常にかかっているということ。

加えてこういう方ほど、デスクワークなどで長時間座っていることが多いので、腰の筋力も柔軟性も低下しています。

 

さらに、気温の変化が激しいこの時期は、自覚はなくともカラダの筋肉や靭帯の収縮が起きやすくなっていますから・・・

 

基本は横着せず、しっかりと「しゃがむ」こと。

この習慣をつけるだけで、ぎっくり腰は劇的に減ります。

 

新生活のスタートに、ぎっくり腰で動けない・・・なんてことのないように。

こういう所作は、見た目も美しいですし、ヒトの見る目も変わると思いますよ!

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。