くらしのツボ, リラックス, 疼痛治療, 自律神経失調

耳は『脳の窓口』 -耳つぼのさまざまな効能-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

今日3月3日。

言わずと知れた「ひなまつり」ですが・・・

『耳の日』でもありますよね。

 

耳は《脳の窓口》

はりきゅうで『耳』といえば、やはり《耳つぼ》。

雑誌などでは、もっぱらダイエットの効能ばかりを取り上げていますが、『耳つぼ』はそれだけではありません。

耳には脳から直接伸びる神経(脳神経)が複数分布していて、脳へアプローチをする際の「窓口」としては重要なポイントなんです。

以前紹介した疼痛治療・・・「バトルフィールド・アキュパンクチャー(戦場のはりきゅう)」も、

耳を窓口とした、脳へのアプローチの一つ。

私は以前、中国で鍼麻酔による甲状腺除去手術を見学したことがありますが、その時も使われていたのは耳のツボでした。

 

こころがざわつくときには《耳マッサージ》を

ダイエット(食べ物への中毒的依存の軽減)はもちろん、脳が関わる様々な問題・・・

機能性疼痛(原因がないのに痛みだけがある)やうつ、不眠。

そして最近の世情の不安からくる、疑心暗鬼などにも。

専門的なツボに関してはとても細かいですから・・・

 

一般の方のセルフケアとしては、

「耳たぶをかるくひっぱりながら、回すようにほぐす」

「綿棒など柔らかいもので耳の孔の中をなでるようなマッサージ」

というのでも良いと思います。

(耳の孔の中は副交感神経に支配されているので、リラックスさせる効果大)

三寒四温のこの季節、ただでさえ、 カラダの痛みやめまいなどが出てくる方が増えきます。

今年は加えてこの大騒ぎ。

ウイルスに正しく対処するためにも、

 

まずは耳をほぐして心を落ち着けて・・・

冷静に周りをみてみましょう。

 

当院では、医療としての鍼灸を確立すべく、日々研鑽を積み重ねております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中